人生のすべてはオモシロイ☆自分も周りも笑顔にしよう!

天才早熟早死に型の音楽家その2☆シューベルトの巻っ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ようこそ!「どらみあん」の庵主、どらみこと、柴垣節子です。 音楽×英会話のコラボ仕事を20年以上続けてきました。 新型コロナで世界が変わり・・ もう一度 自分を見つめ直した結果、 私の原点、音楽に大好きな花や自然、写真を掛け算して 動画作りなど、新しいチャレンジも始めました。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。 一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーです。 年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後という言葉も、不安も吹き飛ばして笑顔で生きたい。 年齢や持病をいいわけにせず、 音楽、花、写真など 私にできることで、 あなたの人生を豊かにするお手伝いいたします。^^
詳しいプロフィールはこちら

天才 早熟 早死に型 音楽家って!? 

🎵 こんにちは、どらみです!

🎵 天才 早熟 早死型・・・と 音大教授が 授業で ちらっと

口にした ひとこと、意外と忘れないものですね~^^;

🎵 音楽史の授業、 ちょっとおもしろい先生がおられました(故人)

いろいろな音楽家の作品の特徴、分析なども 教えてくださるのですが、

音楽家の生涯、生き様、家庭環境など・・ 作品が生まれた 舞台裏・・のような

エピソードも いろいろあり、 まじーめな 楽曲分析なんぞより、

人は お! 面白い! と感じたことの方が 記憶に残るのかも・・と思います(笑)

 

 

🎵 日本の音大在学中、「西洋音楽史」「日本音楽史」「音楽教育史」 など、

音楽にかかわる「歴史部門の科目」は、特に大学1,2年次、 音楽教育科(ヴァイオリン専攻)
に在籍していた私には、大切な授業で、

もちろん必修。 結構 マジメに受講して ノートも びっしり書いてあり、

今、見返しても わりと参考になること多く・・・

 

 

🎵 ノートをみながら、はるか ??年前の授業を想い出すと、

芋づる式に、 当時の教授が話した ちょっと面白いエピソードの記憶も よみがえるのです。


🎵 「音楽豆知識」シリーズの記事は、前回も書いたように、音楽専門家、専門家をめざす方ではなく、

ちょっと 敷居が高いんじゃない? という いわゆる クラシック音楽(厳密には

クラシック古典派は 時代が限定されるのですが)に 興味は ちらっとあるけど

 

   どこから 見聞きすればよいのか、よくわからない・・・

🎵  そういう方たちに 少しでも 興味持っていただけたらうれしいな、という気持ちで

   書いています^^

 

31歳の若さで生涯を閉じた フランツ・シューベルト

🎵 フランツ・シューベルト Franz Peter Schubert 知ってますか ?

 

🎵 むかーし、学校の音楽室に 有名な作曲家の肖像画が並んでいませんでしたか?

写真📷が発明される前は 肖像画・・だったんですよね。

 

🎵 この ビン底眼鏡?かけた 作曲家も おそらく 知っている方、多いんじゃないかな?
はいっ! フランツ・シューベルトさん(オーストリア・ウィーン Austria Wien 近郊で生まれ、Wien 31歳の若さで逝去)

 

🎵 Franz Schubert は 1797年、オーストリア ウィーンの近くで

小学校教師の父と、もとウィーンで料理人をしていた母の、12番目の子ども、末息子として生まれました。

 

🎵 多子多産の時代で、母親は13人出産するも(すごいっ@@)、

成人できたのは、フランツ含め 5人だけだったそうです。

 


🎵 W.A. モーツァルト 35歳没。
F. シューベルトは 更に若く 1828年、31歳の若さで病死。

28歳年上のベートーヴェンの亡くなった 翌年のことでした。

 

🎵 シューベルトは、ベートーヴェンの葬儀にも参列しており、

そこで言い放った 彼のセリフが 現実のものになってしまうとは・・・

 

(ベートーヴェンのお悔みの後、盃を掲げて、
「次に死ぬヤツに乾杯!」 と 仲間たちに叫んだのだそう)

 

シューベルトの何がすごいのか?

 

****************************

🎵 5歳頃から、アマチュア音楽家の父に、ヴァイオリンやピアノの手ほどきを受け・・・
決して 裕福な家庭ではなかったけれど、週末や休日には、

お父さん、兄二人と フランツで、室内楽(主に弦楽四重奏 =カルテット)を演奏したり、音楽を楽しむ環境にはいたようですね。

 

🎵 7歳頃になると、父親の手にあまるほどの 音楽の才能を示したため、フランツ君は、教会の聖歌隊の先生にも指導を受けるように・・・

先生の配慮で、シューベルト家のものより、はるかに上質なピアノを使って、ピアノ練習もできるようにしてもらえたとか。よかったですね^^

 

🎵 11歳、神学校の奨学金をもらい、宮廷礼拝堂の聖歌を歌う合唱のメンバーになりますが、ここでは 先生サリエリ(= モーツァルトの映画、アマデウスにも登場した クセのある モーツァルトの天才性に嫉妬していた作曲家です^^;)

 

よりも、寄宿舎で仲良くなった 音楽仲間から 佳い刺激をたくさん得て、自身の作曲、音楽活動は ますます盛んに・・🎶


🎵 18歳の時には、すでに 有名な歌曲「魔王」、「糸を紡ぐグレートヒェン」など、今でも 名作、と呼ばれる歌曲の作曲もしています。

 

🎵31年間の短い生涯の間に、歌曲だけでも 600曲以上を書いた シューベルト。

「歌曲王」と呼ばれるのも 納得です。

🎵 ドイツ語で Lied (リード) 複数形は Lieder という、いわゆる 「Deutch Lied ドイツ・リード

(ドイツ歌曲)」 は、ゲーテや シラーなど、当時から文豪と呼ばれる すぐれた文学家(詩人)

の詩を用い、「歌」+「伴奏」→ 縦の音楽、Homophony ですね! ⇓

(縦の音楽って 何?という時は こちらを見てね!)

 

🎵 オペラは イマイチ評判よくなかったけれど、

書きかけ(未完成)を含め、まだ整理の終わっていない楽譜もあるそうですが、9つの交響曲(断片を入れると 10曲以上)、

 

室内楽曲、ピアノ曲、宗教曲・・・

 

あらゆるジャンルで すぐれた作品を 次から次へと作った

フランツ君。

 

🎵 フランツ・シューベルトが 弦楽四重奏曲を たくさん作曲したのは、家族で 演奏する機会が多かったから、ともいわれています♪

 

有名な「ます」は シューベルトが作曲した歌曲をもとに、ピアノ5重奏曲、最終楽章は
ヴァリエーション(変奏曲)に作られた名作です。 → ぜひ、聴いてほしいです🎶

***************************

 

🎵 真偽のほどは ???ですが、 授業中に、教授が(故人)、シューベルトは 朝昼のみならず、日が暮れて 真っ暗な夜でも、

いつも ビン底のように 分厚いメガネをかけっぱなしにしていたと・・・

 

🎵 それは、シューベルトが 夜中でも 突然 音楽のフレーズを思いつき(ひらめきっ!💡)、
ベッド脇に 常に五線紙とペンを置いてあるので、
ひらめいた瞬間、忘れないうちに、即、書きとめるためだった・・という 逸話も聞きました。 ホントかな?

 

まとめ

 

🎵 W.A.Mozart アマデウス君も、F.Schubert フランツ君も、
早熟の天才で、彼ら二人の共通点は、
考えなくても、音楽が 身体から湧き出るように 次々と
出てきてしまう・・・ということ。

 

🎵 うんうんアタマを捻って、「がんばって構築する」のではなく、

流れ出てくる 美しいメロディや ハーモニーを

忘れないように「書き留めておけばよい」 タイプの作曲家だったそうです。

 

*****************************

 

🎵演奏家としては、あまり高く評価されていなかったため、

作曲しても 大きな場で シューベルト自身が演奏する機会は あまりなく、
作曲に使う 五線紙を買うのにも苦労するほどの生活。
彼を助けて、五線紙などを提供したのは、周囲の心やさしい

友人たちだったといいます。

*****************************************

🎵 3人目の天才早熟早死型 作曲家、

F. Chopin (フレデリック・ショパン)も 改めてご紹介しますね。

 

🎵 ひとりの人間としての 作曲家、音楽家にも、長い、短いは別として 人生の転機や エピソードが たくさん残されています。

 

🎵 私自身も含め、昔 学校では 教えてもらわなかった エピソードは、
その作曲家や作品に対するイメージを変えてしまうことも・・・
おもしろいなー-- の方向に イメージ変わるといいな、と思っています。

本日これまで~~

🎵 最後まで ご覧いただき、どうもありがとうございました。

それではまた! See You !

 

 

 

 







この記事を書いている人 - WRITER -
ようこそ!「どらみあん」の庵主、どらみこと、柴垣節子です。 音楽×英会話のコラボ仕事を20年以上続けてきました。 新型コロナで世界が変わり・・ もう一度 自分を見つめ直した結果、 私の原点、音楽に大好きな花や自然、写真を掛け算して 動画作りなど、新しいチャレンジも始めました。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。 一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーです。 年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後という言葉も、不安も吹き飛ばして笑顔で生きたい。 年齢や持病をいいわけにせず、 音楽、花、写真など 私にできることで、 あなたの人生を豊かにするお手伝いいたします。^^
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 柴垣節子ブログ☆どらみあん  , 2022 All Rights Reserved.