こんな時だからこそ!国境も越えて みんなで笑顔になろう!

【重要】英語で言える?音楽用語おさらいの巻っ! (1)

柴垣 節子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
柴垣 節子
ようこそ!「どらみあん」の庵主、どらみこと、柴垣節子です。 音楽×英会話のコラボ仕事を20年以上続けてきました。 音楽のレッスンに英語を取り入れ、英会話レッスンに音楽要素を入れるのが好きで得意です。 特に発音やリズム、イントネーションなど英語の「音」部分を楽しく教える、多足わらじコーチです。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。 一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなっています。 老後という言葉も、不安も吹き飛ばして笑顔で生きたい。 年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしていきます! 音楽英語のほかにも、花、写真など、ほっとしたり、人生を豊かにするお手伝いができたら、この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

今までに出てきた 音楽用語を英語で言ってみよう!

🎵 こんにちは、どらみです! (2020.6.8. 音楽用語を英語で(1)動画を追加しました。)

🎵 音楽基礎講座(バイリンガル動画)も、音程編までは ほぼ終わりました。
  今、次の 音階(scales)編の準備をしています。^^

🎵 今までの動画、連動した こちらのブログ記事を あわせて見てくださった方、本当にどうもありがとうございます。音楽用語の英語、どのくらい覚えられたでしょうか?

 

🎵 慣れないことを始めたので、少なくとも 最初の7~8本は、動画も作り直しします。
(内容はともかく 自分でも見づらい^^;)

🎵 が・・・私が この動画シリーズを作り始めたのは、必要としている方たちに、
 「音声=英語の発音も含めて)」も 届けたい、という強い想いがあるから。。

🎵 だから・・真剣に勉強したい、という方には、ぜひ、少しずつでも、音楽英語が定着するように、
  声を出して、発音練習することをおすすめします。言葉は見ているだけ、聴いているだけ・・では、
  とっさに 口をついて出てこないから。英語の4技能のうち、speaking(話すこと)が、
  使わないと 真っ先に さびついてしまうんですよ~! 日本語でも、他の言語でも同じですよね。

🎵 ニホンゴだけで 音楽理論系、教育系のことを学びたい方は、
  他にたくさん ニホンゴ解説の動画や記事もありますよね~!

 


 🎵 私は もっと深く音楽を理解したい日本人のために、

「外国人に通じる英語発音」をまじえていきたい。

→ 結果、音楽がもっと おもしろくなる、好きになる。 → 演奏の上達にも役立つ。
→ 国籍、人種、音楽のジャンルを飛び越えて、外国人とも音楽を通じて 交流できる楽しさを味わってほしいな、と 心から そう思っています。

 

🎵 動画(YouTube)の チャンネル紹介動画で しゃべっている通りなんです。^^

たくさんあるから、何度かに分ける~^^

 

🎵 なんだかんだ言いながら、動画も50本くらい作ってきました。 動画と こちらの記事で補足説明してきた音楽用語、表現も 比例して増えています。
🎵 これからも 音階、和音、演奏する上で必要な記号や言葉など、まだまだ 増え続けます。

いっぺんに全部を理解して、言葉も覚えるのは大変! やはり 時間を取って「コツコツ続ける」。

コツコツ続けているうちに、自然と覚えられることも多いです。 一緒にがんばりましょう!

🎵 分量が多いので、時々 こうして、音楽用語を英語にすると? という 
用語だけの まとめ記事(動画も作る予定)もアップしようと思いますが いかがでしょう?

基本の線・間・音部記号・音名・階名

 

🎵 お待たせしました!  動画ができたので、こちらにも貼り付けておきますね。^^


 

🎵 過去動画、記事を思い出しながら、用語(英語)を拾っていきますね。

 

 

 

  • music staff (s),  stave(s)  → 五線譜
  • line(s)                                   → (五線譜の「線」)
  • space(s)        → ( 五線譜の 「間」かん)
  • bar(s) , measure(s)   →(小節)
  • bar line(s)                           → (小節線)
  • double bar line(s)    → (二重線)
  • bold (great) double bar line(s) →(終止線)
  • ledger line(s)                      → (加線・上下)

 

 

 

  • clef(s)                                                   → 音部記号
  • G clef(s)  , treble, violin clef(s)             → ト音記号 (高音部記号、ヴァイオリン記号)
  • F clef(s) , bass, baritone clef(s)     → ヘ音記号 (低音部記号、バス、バリトン記号)
  • C clef(s), soprano, mezzo soprano, alto, tenor, baritone clef(s) → ハ音記号 (ソプラノ、メゾソプラノ、アルト、テナー(テノール)、バリトン記号)

  • absolute (fixed)      → 絶対 (固定)
  • relative        → 相対的
  • solmization      → ソルミゼーション (ソルファ、ドレミ・・で歌う)
  • tone , pitch names        → 音名 (A, B, C, D, E・・・)

 

 

  • harmonic overtone(s)               → 倍音
  • pure tone(s)                                                              → 純音
  • musical tone(s)                                                       → 楽音
  • pitch                                                                         → 音高
  • volume                                                                     → 音の強さ、音量

 

 

まとめ

 

🎵 まだまだ たくさんありますが・・ 今回は いったんここでストップしますね。

  発音に関しては、過去動画を見ていただくもよし、この用語だけまとめた 

  英語発音動画を すぐに作りますので、そちらを参照していただけるとうれしいです。

  最後まで ごらんいただき、どうもありがとうございました。

  また お会いしましょう!  See you soon !   どらみ💕







この記事を書いている人 - WRITER -
柴垣 節子
ようこそ!「どらみあん」の庵主、どらみこと、柴垣節子です。 音楽×英会話のコラボ仕事を20年以上続けてきました。 音楽のレッスンに英語を取り入れ、英会話レッスンに音楽要素を入れるのが好きで得意です。 特に発音やリズム、イントネーションなど英語の「音」部分を楽しく教える、多足わらじコーチです。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。 一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなっています。 老後という言葉も、不安も吹き飛ばして笑顔で生きたい。 年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしていきます! 音楽英語のほかにも、花、写真など、ほっとしたり、人生を豊かにするお手伝いができたら、この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 音楽・ことば・写真☆どらみあん  , 2020 All Rights Reserved.