人生のすべてはオモシロイ☆自分も周りも笑顔にしよう!

手持ち機材で撮り比べ~の巻っ!2022

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ようこそ!「どらみあん」の庵主、どらみこと、柴垣節子です。 音楽×英会話のコラボ仕事を20年以上続けてきました。 新型コロナで世界が変わり・・ もう一度 自分を見つめ直した結果、 私の原点、音楽に大好きな花や自然、写真を掛け算して 動画作りなど、新しいチャレンジも始めました。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。 一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーです。 年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後という言葉も、不安も吹き飛ばして笑顔で生きたい。 年齢や持病をいいわけにせず、 音楽、花、写真など 私にできることで、 あなたの人生を豊かにするお手伝いいたします。^^
詳しいプロフィールはこちら

一番寒い時期だから・・・暖色の切り花を🌹

🎵 こんにちは、どらみです!

 2021年後半も 2022年が明けても、引き続き コロナ禍ですね~

🎵 例年より寒い日が続くので、

ごく狭い どらみ庵の庭も 花の色はごく少なく・・・

🎵 せめて暖色のお花を 室内に飾ろう・・と 数種類、お花やさんで選んできました。

少し飾ったら 開き切らないうちに ドライにすることも考え、

赤のスプレーバラ(小輪)🌹 と かすみ草を 無造作に・・・^^✨

🎵 昨年、ダイジョブかいな~!?  8年目に入った 長老 一眼レフ Canon EOS 6D

シャッター音に 少し元気がなくなってきたように感じて・・・

 

🎵 以前から どうしようかな? と迷っていた 2020年初夏に発売されたものの

コロナ禍で 納品は 数か月待ち・・・状態だった EOS R6を えいやっ!と

購入しました。

⇓ ★ 左側 古い一眼レフ Canon EOS 6D +
レンズ Canon EFL 100mm F=2.8 (マクロ兼 中望遠)

 

右側 ミラーレス一眼 Canon R6 +
レンズ Canon RF 100mmF=2.8(マクロ兼 中望遠)

 

★ 真ん中の丸いものは、左の一眼用レンズを 
      Canon R(フルサイズセンサー ミラーレス一眼)に つけたい時に必要な 
      「マウントアダプター」

 

🎵 Canonの「R」シリーズ(フルサイズ デジタルミラーレス一眼)には、

古い一眼レフのレンズ EFレンズを 直接つけて撮ることはできない仕様。

🎵 それは 「EOS R」

🎵 Canon の R (フルサイズ デジタルミラーレス一眼)は 手放す(売却)ことも

考えましたが、24㎜始まりのズームレンズをつけっぱなしにして、風景など 少し広く撮りたい時、レンズ交換せずに撮りたい場面も多く、そのまま使うことに・・・

 

 

 

手元のカメラ、スマホで撮り比べ

🎵 以下、4枚同じ 🌹バラとかすみ草の写真を載せますね。場所、光の当たり方は

同じ。ピントの合っている部分が 若干違いますが、 ほぼ同条件で撮り比べてみました。

1.古い一眼レフ(キャノン EOS 6D +EFL 100㎜ F=2.8 中望遠兼マクロレンズ

絞り F=3.2
シャッタースピード SS,

ISO感度はAUTO

露出 は +1.7

ピクチャースタイル=風景 → 詳細設定で、少し「ゆるく」写るように数字を微調整しています。

 

2.これは、新しいミラーレス一眼(キャノン R6 + RF100㎜ F-2.8 中望遠兼マクロ (F=3.2 等、レンズ側の設定も同じ)

 

3.ミラーレス一眼 キャノン EOS R6 に マウントアダプターをつけて(同じメーカー(Canon)ですが、古い一眼レフのレンズを 新しいミラーレス一眼に取り付けるには、この部品を介す必要があるんです^^;)

 

★ マウントアダプター、両側についている キャップを回して外すと・・

こういう金属面が 出てきます。EFレンズにつける側と

ミラーレス一眼 「R、R6など」 は、金属部の口径がびみょーに
違うので 触れてみれば 間違えません^^

 



🎵 ね、びみょーに違いますよね?
🎵 ⇓ マウントアダプターを R6に取り付けてみます。(なるべく素早く、こういう風に上向けると ホコリ等入りやすいので、取り付けの際は カメラを立て気味の方がいいと思います。→わかりやすいように あえて上向きで撮りました^^;)



🎵 カメラ側、取り付け完了! 薄べったいレンズがついているように見えたりして^^;  ⇓


🎵 マウントアダプター(黄色で囲った部分⇓)を介して、古い EFレンズが無事くっついたところ


 🎵 ようやく🌹写真。

ミラーレス一眼 R6に 古い方のEF100mmレンズを使って撮ってみました。うーん、あまり差異は感じられないかな?

色の出方・・・同じ露出値でも、少し淡い(この写真では 赤みが弱め?)のは、もしかしたら レンズ側に理由があるのかな?(少し  ピントも甘いですね→これは撮影者、私の責任)

4.4枚目は、私のスマホ(2020年2月購入、proではない 普通のiPhone11)で撮った1枚も アップしてみますね。スマホカメラは 露出だけ ほぼ+0.7に設定したまま撮っています。

→ ズームなし、iPhone11は、背景ぼかし機能はなし。

この写真は 撮ったまま、フィルターなどの一切 加工もしていません。

一番 「現実に近い?」写真🌹

 

🎵 スマホ写真以外の3枚は、接写(マクロ)しており、

すのこ状の台に乗せていることも、テラスの上で撮っているのも わかりませんよね^^;

スマホでも もっと接写すればよかったか? 色、背景ボケの有無。
これは違いがわかりますよね。

(iPhoneに限らず、スマホのカメラ性能は 劇的によくなっており、ひろびろと周りを写す広角レンズとしても、細かい文字等、くっきり描写するのが得意ですね)

 

 

 どれが 良いか? じゃなくて どれが 好きか? 

 

🎵 大きくて重たくても、私が一眼レフ、ミラーレス一眼をまだ使う理由は、センサーサイズの大きさの違いで「スマホにできないこと」、自分好みの写真を撮ってみたいから・・・ それだけなんですよ^^;

 

🎵 以前にも どこかで書きましたが、

写真も 絵画、彫刻、書、音楽・・・

  他の アートと同様 自由だし、優劣というより、

  最終的には「好み」だな~と思っています。

 

🎵 今、デジタルの申し子 若い世代が、フィルムカメラの写真や、
何十年も前の オールドレンズを アダプターで 自分のカメラにつけて、 レトロな雰囲気の写真を 好んで撮ったり・・・
そう、アートは 自分の心の表現だから・・・

自由に 自分らしく・・・で いいんじゃないかな、と思っています^^✨

 

🎵 コロナ禍で 遠出できなくても、
ペットでも、食べ物でも、お子さん、家族でも・・・
身近な被写体を 自分好みに撮ってみる。
楽しいですよね^^📷✨

 

🎵 最後まで ごらんいただき、どうもありがとうございました!

  また いろいろアップしていきますね。 See You Soon !

 

 







この記事を書いている人 - WRITER -
ようこそ!「どらみあん」の庵主、どらみこと、柴垣節子です。 音楽×英会話のコラボ仕事を20年以上続けてきました。 新型コロナで世界が変わり・・ もう一度 自分を見つめ直した結果、 私の原点、音楽に大好きな花や自然、写真を掛け算して 動画作りなど、新しいチャレンジも始めました。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。 一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーです。 年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後という言葉も、不安も吹き飛ばして笑顔で生きたい。 年齢や持病をいいわけにせず、 音楽、花、写真など 私にできることで、 あなたの人生を豊かにするお手伝いいたします。^^
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 柴垣節子ブログ☆どらみあん  , 2022 All Rights Reserved.