人生100年時代!不安をやわらげ、心にうるおいを!

セレンディピティ by 茂木健一郎さん Serendipity

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです!      (2018.7.17 記事の一部 修正いたしました)

 

 

素敵な ことばを見つけると すぐメモ メモ~📝

 


以前、街で偶然出会い、素敵だな・・と思った言葉を こちらでもご紹介してみました。


本の中、新聞や雑誌など、ふと目に止まったコラムの中。ネット上で あら? と気になった言葉。

そういう出会いからして、私には もう serendipity(セレンディピティ)=偶然の掘りだしもの、と思えます。

 

気になる言葉、心に響いた言葉は、忘れないうちに、いつも持ち歩いている手帳に ざっと書き留めるクセがついている私です。^^;(手帳といっても既成のものではなく、ここ数年は、小さなノートをベースに自分でアレンジして 日付を気にせず使っています。⇒ また 機会をみて ご紹介しますね)


 

茂木健一郎氏は、脳科学者として、また ジャンルにとらわれず、さまざまなメディアで、独自の観点から意見を述べておられますよね。 

いつもチェックしているわけではないのですが、これは 以前、彼の連続ツイートの中で見つけたひとつです。

セレンディピティ serendipity について、茂木さんが思うところを書いた一節です。


彼のことば、 私のメモしたものを、備忘録として、ここにも残しておこうと思います。



セレンディピティ serendipity  は、思いがけず吹く風

人の行動の80%は 目的のあるもの。 残りの20%は 目的外のふるまい。
行動するのに、目的は 必ずしも必要ではない。

 

思いがけず吹く風が 予想もしていなかった掘り出し物(よいこと・・・気づき、考え方、出会い)を運んできてくれることがある。

風が吹いていない時には、自分で動いて 風を起こせばよい!
とにかく 身体を動かして、世間と出会うことが大切。

 

偶然の幸運は 行動から生まれる。

 

セレンディピティ ・・・自分が 行動して 風を起こす

セレンディピティという言葉を、巷でよく聞くようになりましたが、 正直いうと、私は その意味を あまり理解していなかったように思います。
偶然の出会い、幸運・・・ そんな「単語」としての意味を 辞書で見つけても、それ以上 あまり自分で考えたことがなかったかもしれません。

茂木健一郎さんの このツィートが 私の心に響いたのは、

「風が吹いていない時には、 自分で動いて 風を起こす・・ 」 というくだり。

つまり、のんびり 思いがけない風を待つばかりではなく、
自分で行動することが、人生の新たな扉を開くきっかけになるんだよ、

そう 伝えてくださったように思ったのでした。

 

まとめ


セレンディピティ・・・思いがけない幸運は

”待ちの姿勢” より、 ”自分から行動する” ことで 出会う確率が高くなりそうですね。

アタマで 考えているだけでなく、みずから 動く!

こういうことばに出会ったのも、今の私に必要だからかもしれません?

”自ら行動すること!”

改めて 心がけたいと思います!^^

また お会いしましょう!💖 SEE YOU !







この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どらみあん 柴垣節子のブログ , 2018 All Rights Reserved.