人生100年時代!安心と心にうるおいを!

国境を越えよう!訪日ビジネス英会話始めました!

谷中〜三崎坂  Yanaka-Sansakizaka in monochrome

 
  2018/12/11
Dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Dolami
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは どらみです!

(2018.7.10 Revised  文章修正いたしました。)

私の両親は、生前 まだ元気な時に 母が谷中の都立霊園に墓地を入手、小さな区画ですが、予めお墓を建立しました。お墓について考えることが いろいろありますが、それは別記事に改めますね。

谷中霊園は広く、歴史もあり、徳川慶喜や文人等、有名人の墓碑も多く、霊園中央の古い桜並木は都内お花見名所のひとつにもなっています。
お花見時期、お彼岸中日には 大変混雑するそうなので、私は いつも時期をずらして墓参に行きます。

 

JR日暮里駅〜谷中霊園  JRNippori Sta. to Yanaka Cemetery

 

 

谷根千といわれる(谷中、根津、千駄木)界隈には、戦火を免れ、戦前の古い雰囲気を色濃く残した寺社仏閣、建物も多く、
この地域の住民だけでなく、多くの若者、近年は 海外から訪れる方たちも急増している印象です。それだけ 魅力的、ということですね^^

Yanaka, Nezu, Sendagi , called “Yanesen ” area, old downtown Tokyo.

There are many old houses,temples, shrines,survived the fires of World War Ⅱ.
Those old atmosphere attract not only Japanese younger generation but the people from abroad.

All photos by Dolami (Setsuko Shibagaki) Ⓒ


photo1.  Stone wall of Tennohji Temple . It is located between JR Nippori Sta.(west exit) and Yanaka Cemetery.

📷 日暮里駅(西口)から 跨線橋を渡り 勾配のゆるい坂を 谷中霊園へと上ります。

駅の方を振り返って・・丸窓のあいた石塀は、谷中霊園すぐ手前の天王寺。
ここは 自転車が停められていることが多いな~
道の向かいは 民家、霊園に近いためか 石材店なども・・。

 

 

photo 2.  Small Jizoudou  near Tennohji Temple, Yanaka Cemetery. Senba-tsuru (means 1000 origami cranes) are hung by the Jizou stature. People have loved the Jizou for long long time.

 

📷天王寺と 谷中霊園の間に佇む 小さな地蔵堂。いつも千羽鶴がかかり、ここを通る人々に長年愛されている様子がうかがえます。私も 毎回このお地蔵様にも手を合わせてから 両親のお墓に向かいます。

 

 

photo 3: Old fashioned wooden wall house . These type of houses were very common during Showa era in Japan.

 

📷 墓参をすませ、桜並木を通り過ぎ、霊園を 三崎坂(さんさきざか)側に出ようと歩いていくと・・
どこか懐かしい 昭和の面影を残した 板張り壁のお宅が・・。今や このような板目のきれいな日本家屋に住まうこと、かえって贅沢に思えるのは 私だけでしょうか・・。

 

三崎坂 Sansakizaka Slope

 

 

photo 4: Rustic old water pump. Found it beside Sansakizaka Slope from Yanaka Cemetery toward Nippori Sta.

 

📷谷中霊園を出ると、広めの道・・三崎坂(さんさきざか)を、右手に ゆるゆると下ることにします。
もちろん歩道を歩くのですが・・・閉まったシャッターの前に、さび付いた古い道具を発見!
左側、牧場のミルク缶のようなものに 立てかけてあるのは、かつて 井戸に入れて 水をくみ上げるために使われた 手動のポンプだそうです。錆びていますが、シャビーシック(shabby chic)=古色を帯びた魅力、という言葉も似合うかな。
なんだかいいな〜 と シャッターを切りました。

 

 

photo 5: Cafe ” Nekoemon” (Old  Japanese house style. “Neko” means cats. This cafe serves menu for cute cat shape cookies, cakes, candies and so on. Looks interesting!

 

📷しばらく歩くと・・・ネコの看板、古民家の一階を改装した? と思われる、和風カフェを発見。
猫衛門。ネーミングも ロゴもかわいい!二人連れの若い日本人女性に続いて、背の高い金髪女性二人も しばらく看板のメニュー写真などチェックしたのち、お店に入っていきました。 ネコ型スィーツや、お持ち帰り用ニャンコ飴、時間によってはランチメニューを楽しんだり、招き猫の絵付け体験もできるようです。私は残念ながら時間がなく・・時間に余裕をもって、是非 入ってみたいお店です。 Cafe Nekoemon : website     :     谷中堂 カフェ猫衛門

 

 

photo 6:  Lucky Fortune Cats collection shop ” Yanakadou”.  Manekineko (cats with paw raising) is one of traditional Japanese Lucky items. ” Cafe Nekoemon ” and ” Yanakadou” are sister shops. (Please refer Nekoemon Cafe website again   谷中堂 カフェ猫衛門 )

 

📷 両親の生前、墓参は ほとんど車だったので、あまりこの界隈を歩いたことがなかったのですが・・・
谷中は ネコの多い街なのですね。このお店は 先ほどの「猫衛門」と姉妹店(というか本家はこちら?)、招き猫専門店、「開運谷中堂」。ウィンドウにも大小の招き猫や ネコグッズいろいろ(=^・^=)猫好きさんには、たまらないでしょうね!( ホンモノの猫に出会うことも多いです^^)

 

 

📷三崎坂を 千駄木駅に向かって下っています。この界隈は 本当に大小の寺社が多く、道路の反対側にも立派なお寺が・・。
この六地蔵さんにも 坂の途中で出会いました。すぐ裏手が幼稚園。子どもたちの 元気な声が聴こえてきます^^ 観智院(かんちいん)というお寺、このお地蔵さまは、谷中地域の地名にちなんで、「初音六地蔵」(はつねろくじぞう)と呼ばれているそうです。 観智院のサイトの中に、六地蔵さまの解説も見つけましたので ご興味あれば ご覧くださいね。

 

 

photo7: Six Jizou statures at Kanchiin Temple. (Sansakizaka Slope)

 

 

photo 8: Bright red bike with nice basket. (Sansakizaka Slope)

 

📷 坂の途中、歩道に真っ赤な自転車が(モノクロだと色 わかりませんね^^;) 籐のカゴもおしゃれ! 寺社仏閣・・あまり華やかな色のない中、この自転車、素敵でした。

 

photo 9: Old Japanese style box  made of  paulownia wood. (Paulownia wood shop)

📷 大分 坂を下ってきたところで、また魅力的なお店を発見!
桐の専門店だそうですよ。晴天だったこともあり、
お店の前、植栽の中に 素敵な宝箱のような 桐箱がディスプレイされていました。

 

 

photo 10: Paulownia boxes display. (Paulownia shop)

📷お店は 階段を数段おりた 道路面より少し下に入口がありますが、
大小の桐箱、桐素材を使った 新しい感覚の小物など、見ているだけでもワクワクします。

📷 桐箱を開けたようなディスプレイも。桐は成長が早く、ご存知のように、昔は女の子が生まれると同時に桐の木を植え、着物用の桐ダンスを作る、ということも珍しくなかったほど、日本人には身近な存在だったようです。
古びて 変色しても、職人さんに表面を薄く削ってもらうと、新たな白い木肌が現れ 美しく作り直しもできるとか。
桐ダンスとまでいかなくても、小さな桐の箱や、薄い桐板でできた葉書など、どのように自分流に使えるかな? 想像するのも楽しい 木の薫りいっぱいの素敵なお店でした。上野に本店があり、谷中は 小物を扱う箱義桐箱店 

支店のようです。詳細、Facebookペ-ジがわかりやすそうです。

 

団子坂下〜日暮里駅 Dangozakashita – Nippori Sta.

 

photo 11: “Kikumi Senbei” shop @ Dango zaka (Senbei  means Japanese rice crackers)

 

いよいよ千駄木駅まで あと ひと息。
📷 ご存知の方も多い、団子坂 「菊見せんべい」 です。
非常に古いお店。母も江戸っ子、母方の祖母も 大好きなおせんべい屋さんでした。
昔ながらの 丸いガラス瓶や、お味、形もさまざまな おせんべい、あられ・・が、並んでいます。
帰宅したら 我が家にある 小さな仏壇にお供えしようと、母が好きだった お醤油味のおせんべい、あられを少しずつ求めました。菊見せんべい総本店。お店の公式ホームページはないようですね。こちら、ご参考までに。( No official website of Kikumi Senbei shop. Please refer to here ↓)

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13018372/

📷 青空が広がり、歩くと 汗ばむほどの好天でした。
三崎坂の片側だけ、千駄木駅まで歩き・・・それでも たくさん新しい発見がありました。
この他にも、和紙のお店や、通りの反対側にも、母、祖母の代から ごひいきにしていた和の小物のお店など、まだいろいろご紹介したいところがたくさん!

There are nice Japanese paper( Washi) shop,  Japanese traditional shops around here.
Very attractive area!    I’ ll introduce   another time.

 

 

今回歩いたルート:JR日暮里駅ー谷中霊園ー(三崎坂経由)ー 団子坂下ー千駄木駅

Walking Route: JR Nippori Sta. -Yanaka Cemetery(Sansaki zaka slope)- Dangozakashita- Sendagaya Sta.(Tokyo Metro)

📷 また 歩きたい・・・やはり 魅力いっぱいのエリアです。

最後まで ご覧いただき、どうもありがとうございました。💝

それではまた!
Thank you for visiting  this blog  “Dolami an” , means ”Dolami ‘s  Hermitage”
SEE YOU !

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Dolami
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どらみあん Dolami-Blog , 2018 All Rights Reserved.