人生100年時代!不安をやわらげ、心にうるおいを!

リースセラピー wreatherapy  ワークショップ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです!
(2018.3.26.  2017年末に どらみ家で実施した、女性3名との キウイ蔓アート作り ワークショップの様子、作品、感想など 追記いたしました。)

 

キウイのツルを 大量にいただいて・・・^^

 

💚 今シーズンも、キウイの収穫が終わったら、剪定✂した ツルを 譲っていただけるように、ご近所の兼業農家の方にお願いしてありました。

突然、ピンポーンとチャイムが鳴り、「今日、キウイのツルを切るから!」と・・


きゃ~!!!!!\(^o^)/✨

約束した外出予定がない 奇跡の一日(^^) 
おじいちゃまも 腰の痛みを抱えておられるそうで、身体がしんどいとおっしゃいます。
在宅していた どらみ夫も手伝ってくれることになり、一緒に キウイ棚のある畑へ向かいました。

💚これは12月2日、キウイの実を収穫する直前。 ちょうどこの畑の前を通ったので、棚から大きくはみだして 伸びているツルの写真を 一枚撮らせていただきました。📷 まだ葉に緑色が残っていて、ツルはぐるぐる巻きですが、見るからに新鮮!


💚この2、3日後、再び通りがかると、キウイ棚が明るい!? 実の収穫が 終わったようです。

 実の収穫が終わると・・・毎日のように ちょっとキウイ棚をのぞくと、葉が茶色く枯れ始め、みるみる棚の下の地面に落ちていきます。不思議~!!

 

 

このツルの量・・・ハンパない~~~!!!

 

 

 

💚そして、今日。午前10時30分頃から キウイ棚の つる剪定が始まり・・・。午後、テラスまで運びこんだツルの量は、こんなに山盛り。ひぇ~っ!!!!!@@

💚 キウイのつるは、来シーズンに備え、きちんと どのつるの どの芽をいくつ残すか決めて 剪定するので、やはり プロである、おじいちゃまが 切れ味のよい 剪定ばさみを持って、一か所ずつ確認しながら、ハサミを入れていきます。

 

 

💚 ぐるぐるに絡んでいる長いツル、中くらいの長さのもの・・・いろいろです。
 少し高いところは、🍺ケースを踏み台にして、ハサミを入れるので、足腰に不安のある おじいちゃまがケガしたら大変!

💚 私は しっかり台を押さえるお手伝いもしました。

 

つるに✂が入るたび、くねくねしたカーブを なるべく切らぬように、つるをひっぱり、棚から 外していきます。

みるみる ツルが山になる~@@

 

一度では とても運べない!!!

抱えられる量ギリギリを、まず 我が家の玄関脇まで 何往復もしました。

 

本格的な 農作業のお手伝いして、ツルを譲っていただけました。
家に戻ってきたら 正午少し過ぎでした。汗だく~(^^;)💦

 

 

 💚午後、以前から、キウイ蔓リースを作ってみたい、と リクエストのあった、近くの女性にお声をかけると 笑顔で来宅。^^

 事前に 道具類、微粉末が出るので 使い捨てマスク、手先を守る手袋は 持参していただくように 伝えてあり、すぐに用意できない ワイヤー、リースワイヤー、フローラルテープは 私の方で準備しておきました。

 

💚「キウイのツルがアートにヘンシン!」 キウイ蔓リースの記事はこちらです。

 

 

無心に手を動かしながら・・・リース作りは 心をほぐす効果あり

 

 

💚12月。もう日暮も早いので 寒さ対策もしていただき、テラスのベンチ、椅子に座ります。

 

あたたかいハーブティーを入れて、飲みながら、キウイ蔓リースの芯、アルミワイヤーを輪にして、フローラテープを巻く。
あらかじめ短く切ったリースワイヤーで、1周目、2周目のツルを巻くところまでで、今日は日没終了・・ということにしました。

💚 2時間弱でしたが、彼女も いろいろな話をしながら、こうして 無心に手を動かすことは、
日常の雑事を忘れて とても幸せな時間、、と 言ってくれました。

 

 明日の午後は また別な女性、来週も・・・と、時間でお約束して 来宅していただく予定です。

 

💚私自身、もともと 植物、花も葉も枝も実も すべて大好きです。

加えて、この リースを作る作業中は、本当に心和む時間。
日頃の ゴチャゴチャしたこと すべて忘れて 没頭できるのです。✨

 

💚 自然の植物を生のまま、あるいは ドライにしたものに 触れる。
ゆっくりくつろぎ、安心して話ができる環境で 手を動かす。
あたたかいお茶も 楽しみながら・・。☕

 

💚数日前、別なつるを くるくる丸めて 小さなリースを どんどん作っている時、幸せだな~と思いながら、wreath(リース)を作りながら、アタマの中、心の中を ちょうど 絡まったツルを 少しずつほどくように、整えることができているんじゃないかな? とひらめき!?✨✨

 

💚これは すでに かなり認知度の高い、Garden therapy と同じような効果がある・・・

じゃあ、therapy とくっつけて、wreath + therapy = wreatherapy (リース+ セラピー = リースセラピー(リーセラピー)にしてみよう!
無理やり 造語にしました(^^;) 私、wreatherapist (リースセラピスト)です・・ね。^^

 

💚まだ しばらくは 近くの方(女性)を中心に お試し期間、様子をみていこうと思います。

💚リースを作りながら、一度きりの人生、穏やかな笑顔で過ごせる時間を増やしましょう!
私がそのお手伝いできたら とても幸せです!

 また ご報告いたしますね!

 

 

リースワークショップご報告


💚 2017年12月・・・ 近くの女性友人、3名にお声をかけ、自宅にて キウイ蔓のリース作り(セラピーというより、ワークショップでした)を、計4日間 実施いたしました。

 

💚 初日〜 計 3回参加なさった Fさんの キウイ蔓アート。 ”キウイのツルがアートにヘンシン!” の手順に沿って、太目のワイヤーで輪っかを作り(直径約 37㎝)、フローラテープを巻いて芯を作るところから。

 

💚 クセの少ないツルの選び方、輪っかに曲げられないほど太い直線部分は切り落として使うこと、リースワイヤーを あらかじめ 一定の長さに切りそろえて すぐ使えるように準備。

必要なところにリースワイヤーでとめつけて 形を作っていく方法、徐々に くねくねと曲がりクセのあるツルを選び、外側の円形を保ちながら、円の内側、適度な高さも出しながら 自分だけの形にしていく・・・

 

留め方、ワイヤーの切りそろえ方、クセのあるツルの選び方、どこに どのように使うと効果的か? など 助言しながら 作業していただきました。

💚 以下、女性 3名、それぞれの個性ある キウイつるリースをご覧くださいませ~!

 

 

💚 ↓ Fさんと一日遅れで参加なさったKさんの作品。小さいのもひとつ作りたい、というご要望で、クネクネ曲がりのあるツル(少し細め)を、ワイヤー芯はなしで 絡めて巻いていき、手のひらサイズと 二つ3回で作れました。

 

   💚↓ 別な日程で、お一人で参加なさったHさん作品。

お忙しくて、この日、午前から3時間参加。
最初のワイヤー芯作りなども、手際よく作業なさって、このようなオモシロイ形のアートが完成しました。


3人の参加者の皆さん、キウイ蔓を扱うのは まったく初めての方ばかりでした。

 

 

キウイつるリースワークショップ参加者のお声

 

💚 初めてで面白かった! 今までのリースのイメージとは まったく違うもので驚いた。

 できあがった作品は、たしかに あまり飾りをつけすぎない方が 曲線が活きる。

花かご感覚で、和の花を一輪挿しのように さりげなく飾るのもよさそう。さっそく試してみたい!

💚 手が慣れてくると、リースワイヤーでとめていく場所、コツが少しずつわかり、作業も楽しくなった。


💚 思ったより時間かかるけれど、面白い! 

最初は とにかく輪の形にする単純作業だけれど、何週目からかクセのあるツルを どう選んで、どこに使うと良いかを考えるので、アタマも使う。

そういう意味でも このキウイ蔓アート作りは 花のリースなどと まったく違う面白さがある。体験できてよかった。

 

まとめ

 

💚 キウイ蔓アートを、ゆっくりと☕をいただき、お話しながら 作っていく時間。 

日常のあわただしさから、ちょっと離れて いつもと違うことをしてみる。 

何か、自分だけのものを作っていく・・・

私にとっても、参加してくださった 彼女たちにとっても、小さな「非日常」。

 

💚 できあがった 自分だけの作品を持って ご自宅に帰る時、彼女たちの笑顔が とても素敵でした。^^✨ 

キウイ蔓は、新鮮な材料を入手できる時期が限られているため、

今度は また別な形で「笑顔になれる時間」を 共有できる企画を考えようと思います。

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。💕

 

 💚 wreatherapy  wreatherapist・・・・ 

   初めて こんなことを考えてみました。感謝をこめて💖

 







この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どらみあん 柴垣節子のブログ , 2017 All Rights Reserved.