人生100年時代!安心と心にうるおいを!

国境を越えよう!訪日ビジネス英会話始めました!

初めての尾道・・西國寺の巻っ!

 
  2018/12/11
Dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Dolami
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです!  (2018.8.2 記事の一部、修正いたしました)

💚 長年、私のあこがれの場所のひとつだった、広島県 尾道市。

今回から数回にわたり、 友人Tさんの 全面的なご協力により、尾道の魅力を 私なりにお伝えできたら、、と思います。

 

 

福山城、 福山駅周辺の見所 おさらい!?

 



💚 前々回、前回、と、広島県の東部(岡山寄り)、福山、駅前から天守閣も見える 福山城、お城から出て、福山城公園を横切り、

広島県立歴史博物館(草戸千軒遺跡 発掘後、はるか昔の暮らしぶりがわかる 実物大の町並み再現、一見の価値あり!)


💚「100万本のバラの街、ふくやま」をキャッチフレーズにしている福山。駅近くのバラ画像なども こちらでご紹介しています。↓↓

 

 

 

 

福山駅から、 尾道  西國寺へ

 

 

( 西國寺。上方に見えるのが重要文化財、三重の塔)

 

💚 さて、この日は、お言葉に甘え、福山在住の友人、Tさんの車でご案内をお願いすることに・・

朝8時半に駅近くで ピックアップしてくださり、Tさんの車は福山から尾道へ。
五月晴れ、新緑の美しい道! Tさんは長年、日本史の教師をしておられ、当然地元にも詳しい!

 

 

私たち夫婦のリクエストも入れて、この日に回るプランを考えてくださっていました。

最初の目的地は「西國寺(さいこくじ)」

 

途中から 非常に道幅の細いカーブの続く山道を走り、西國寺の裏門側から 無事 小さな駐車スペースに到着!

 

 

西國寺・・・・西国一の寺 なのだ~!

 

 

💚 尾道の 3つの山のうち、愛宕山(あたごやま)の急斜面に、一番大きく、さまざまな伽藍を構え、文字通り「西国一の寺」=西國寺、と 名付けられた由。

 

💚 裏側から寺の境内に 足を踏み入れると・・・三重の塔(重要文化財)は、更に高い場所にあるものの(この日、残念ながら 三重の塔は見学できずTT)、

 

今、私たちは 寺の敷地内、非常に高い位置にいることがわかりました。

眼下に西國寺内の伽藍(がらん)の瓦屋根が いくえにもかさなって見えます。

 

 

 

💚 このような光景は、全国の寺社仏閣を結構いろいろ巡っている私にも不思議と新鮮。

 

反対側の空を見上げた時、5月5日を過ぎても、こいのぼりが泳いでいたこともあり、思わず 心の中で「いらか〜の波と、雲の波〜 重なる波のなーかー空に・・・♪」

 

🎏こいのぼりの歌を口ずさんでしまいました。^^

 

 

 

 

 

💚屋根瓦の種類も、使い方、屋根の傾斜、カーブ・・・少しずつちがいますね~!

 

 

 

 

 

西國寺・・・金堂(こんどう)

 

 

 

 

💚 一番大きな建物、金堂(こんどう)。国の重要文化財。堂々として大胆な傾斜、カーブを描く大屋根も奈良時代、729年に 名僧 行基によって開山されたという由緒ある 西國寺。

 

1066年、一度火災で焼失するも、1081年には、白河天皇の命で再建され、それ以来、この地を見守り続けているという・・・。

石の仏さまたちから 人々の祈りが静かに聴こえてくるようです。

 

 

 

 

 

 

西國寺・・・鐘楼(しょうろう)

 

 

 

 

💚 鐘楼(しょうろう=bell tower) ひとつ見ても、使われている瓦の美しさ。

破風(はふ= gables)や、屋根裏、複雑な木の細工。

当時の宮大工たち たくみの技、心意気が、1000年以上の時を飛び越えて 心に迫ってきます。

 

 

 

💚 最初の画像と同じ急勾配の石段。108段あるそうな・・・。

 

本来なら、この階段下にある 仁王門(山門)をくぐって、こちらへ登ってくるのが 通常の参拝ルート。⤴ ⤴

 

今回、逆に石段を降りていくことに・・・。↘ ↘

 

 

 

 

 

 

西國寺・・・仁王門(山門)

 

 

 

💚 西國寺 仁王門 (山門)は、広島県 重要文化財

1740年建造の記載が残っているとか。

💚 目に飛び込んでくる 大草鞋(おおわらじ)は、仁王さまの たくましい脚にあやかろう、

坂道、階段の多い街、尾道ならではの、健脚祈願なのだそうです。👣

それにしても、このわらじ、デカっ!^^;)

 




 

💚 目の前で見ると、本当に巨大な草鞋(2mとか!)。

仁王さまの姿、山門中央に飾られている額(扁額 へんがく)どれも大迫力!

 

 

西國寺・・・毘沙門堂(びしゃもんどう)

 

 

💚 整然と並ぶ 提灯も美しい 毘沙門堂。

 

 

 

西國寺・・・いたるところに 日本の職人ワザが光ります

 

 

 

💚 蓮の花をかたどった お手水・・

 


 

 

💚 視線を少し上に移すと・・・ 手の込んだ細工をほどこした すばらしい破風。

  屋根瓦の上に 鳩さんが いたり・・^^

 

 

 

💚 千数百年も時を刻みながら この土地と人々を見守り続けてきた伽藍たち。

 

西國寺・・・自然も美しい

 

 

 


 

💚 そして 豊かな自然。

 


 

💚 石のわずかな隙間から芽を出した楓の実生みしょう・・

 

 

 

💚 やがて 人の背丈を はるかに超える大木に成長して、爽やかな緑の風が吹く・・・

 

 

💚 西國寺、美しい額縁越しの光景。


いにしえから現在まで脈々と息づく、尾道という街の魅力が ここに凝縮されているように感じたのでした。

 

 

 

まとめ

 

💚これでも まだ ご紹介できなかったこともあります。

西國寺 公式ホームページ (参考になさってくださいね)

 

最後まで ごらんいただき、どうもありがとうございました。

 

(次回、浄土寺編へ続く)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Dolami
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どらみあん Dolami-Blog , 2018 All Rights Reserved.