人生100年時代!安心と心にうるおいを!

国境を越えよう!訪日ビジネス英会話始めました!

初めての尾道・・天寧寺の巻っ!

 
  2018/12/11
Dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Dolami
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです!              (2018.8.7. 一部修正いたしました)

 

初めての尾道シリーズ・・今までの おさらい!

 

💚 初めての尾道シリーズも 7回目になります。 

 

 

 

 

💚 西國寺(さいこくじ)ー浄土寺ー 尾道の街歩きー 千光寺公園ー 千光寺 ー

 

そして更に細い道を下りながら、途中の文学公園で猫ちゃんたちとの出会い・・と 進めてきました。

 

 

 

今回は、美しい 三重塔(海雲塔)かいうんとう のあるお寺、

 

 

 


「天寧寺(てんねいじ)」のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

天寧寺 (てんねいじ)

 

 

 


 

 

💚 いよいよ、この美しい三重塔(海雲塔 かいうんとう=国重要文化財)のある、天寧寺へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

💚 三重の塔の屋根裏は、天寧寺へ向かう下り坂の途中が、一番よく見えました。(前回の最後にアップした写真)

 

💚 重要文化財指定の 古くて美しい三重塔は、1367年、貞治じょうじ6年に、足利第二代将軍、足利義詮あしかが よしあきら建立こんりゅうしたといわれているそうです

 古いっ!

 

 

 

三重塔は見えてるけど・・ 天寧寺まで まだ歩く~~^^;

 

💚 Tさんと夫は、私の前を かなり速い足取りで、何か話をしながら どんどん歩いていきます💨💨💨

 

 

 

💚 迷子にならないように、二人の後を追いかけながら 坂道を下っていると

 

 

 

あ~っ!ここは!!!!! 

 

 

 

 

💚  ↽ 左に曲がると『猫の細道』と 看板が出ています。

 

 

 

ここは ガイドブックに出ていて、できたら行ってみたいなと思っていたところのひとつ。

 

 

 

 

ネコちゃんたちの出没率も高く、猫グッズのお店もあるようです。(=^.^=)

 

 

 

やはりどちらかというと女性向けなのかな~^^;

 

 

 

 

💚 今回はここもスキップして、天寧寺へ、と 前から 話し声が かすかに聴こえます(笑)

 

 

 

 

 

 

💚 古びたトタン板のような壁に 手作り看板・・・

 

 

かと思いきや、ごく狭い下り坂には、単に古い・・の ひと言ではくくれない 不思議な造りの住居も・・

 

 

 

ここは 今も どなたかのお住まいなのでしょうね。

 

 

 

軒下、木の細工も素敵です。

 

 

 

今、こういう細工のできる職人さんは、ごく少ないのではないかな? 

 

 

 

そんなことを ちらと考えながら シャッター切らせていただきました。

 

 

こういう家、どんな住まい方をしておられるのでしょうね?

 

 

 

 

 

 

💚 うわっ! 狭い道、アタマのすぐ脇に何やらグサッと刺されそうな槍状のものが^^; ・・・

 

 

これは何でしょう~?

 

 

 

 

 

坂と階段の街 尾道・・・健脚じゃないと 住めないな~~^^;

 

 

 

 

💚    ↓  Tさんに説明を受けて 驚いたのがこの写真の坂(石段)。

 

 

 

💚 かなり急勾配の石段です。

ちょっと立ち止まって道の真ん中を指さす Tさんの説明を聞きます。

 

 

写真手前、石段の真ん中が巾の狭い(20㎝あるかないかくらい?)スロープ状になっています。

 

 

 

 

中央には轍(わだち)のようなごく細い溝が見えるでしょうか?

 

 

 

 

しかーし・・・ 写真手前のところで、この幅の狭いスロープは終わっています。

 

 

 

 

💚 この急坂、〶郵便配達、宅配便などのバイクは この坂道、

 

 

 幅の狭いスロープのあるところまでは脱輪しないように 上ってくるのだそうです@@ 

💚 その先は、さすがにバイク、自転車は無理。

 

 

歩いて昇降、配達するのだとか・・・。

 

 

 

 

以前、坂の街、長崎でも大変そうだな・・と見たことありますが、

 

 

 

尾道の坂は、もっと狭くて勾配もかなりなものと思われ・・・

 

 

 

 

 

配達の方たち、本当にご苦労さまです。

 

 

💚 ↓  また 出たっ!!!  ネコの看板!

 

 

 ネコの街、尾道。 

中はどうなっているのかな? 魅力的です!

 小さなお店、カフェ? 通過しながら、心の中では、また次回!(笑)

 

 

 

 

 

天寧寺 到着~~!!!!!

 

 

 

 


 

 

💚 どうやら 天寧寺に到着したようです。この建物は何だろう? 

 

 

 

  よくわからないけれど、レトロな窓ガラス、好みだな~^^

 

 

           

 

 💚 上部がお堂のような形。おもしろい! お寺の門をくぐって・・・

 

 

 

     

 

💚 ↑ まずは 本堂にお詣りを・・・(本堂全体の様子は これ一枚です^^;)

 

 


     

 

💚 立派な唐破風。格調高い!

 

 

 

 

 

💚 100mmレンズだと、建物全部を収められないのですが・・

 

 

 

 

 

細かいところまで  手の込んだ造り・・

 

 

 

 

💚 時の流れは 一気に足利義詮あしかが よしあきら(二代)、義満よしみつ(三代)まで さかのぼるのですね。  すごいなぁ~!

 

 

 

 

💚 素晴らしさを感じるには、実際に足を運んでいただくのが一番かと・・。

 

 

 

 

💚 天寧寺は 花の寺としても有名だそうです。

 

 

 

さすがに🌸桜の季節ではありませんが、

 

 

 

咲き残りのボタンが、ひとつふたつ・・

 

 

 

私達を待っていてくれたのかな? ^^

 

 



 

 

💚 緑が目立ちますが、さまざまな花が代わる代わる咲いて、訪れる方たちを迎えてくれるのでしょうね。お庭も綺麗。

 

五百羅漢さまに びっくり ドッキリ!!

 

 

 

天寧寺。最後に 圧巻の光景が待っていました!

 

 

 

💚 本堂と別なお堂があります。

ここは一見の価値がありますよ・・ と Tさん。

ご自分で おもむろに 両開きの扉を開けてくださり、中に入ると・・・

 

 

 

正直、度肝を抜かれました!

五百羅漢像ごひゃくらかんぞう

 

💚 木像で 前列ほど位の高い羅漢さま。

 

 

 

 

 

 

最後列まで 526体が全て揃った 素晴らしい五百羅漢さまたち。

 

 

 

 

一体ずつ すべて表情も仕草も異なります

 

 

 

 

一体だけ 反対側を向いている像があるって・・・本当かしらん??

 

 

 

💚 埼玉県 川越市 喜多院、石の五百羅漢像は 一度拝観したことがありますが 木像は初めて。

 

 

 

 

自分に似ている羅漢さまが ひとりはいるといわれますよね。

 

 

 

さすがに すぐには見つけられませんでしたが(^^;)

 

 

 

それにしても すごいっ!

 

 

 

💚 この羅漢さまたちは、江戸時代の文化年間(1804~1824)から明治初期まで、約60年間にわたり、寄進きしんされたものだそうです。

 

 

 

このお寺、羅漢様たちのおられるお堂の地下で、座禅会も催されるとか・・・。

 

 

 

曹洞宗・・・禅寺ですね!

 

 

まとめ

 

 

💚 天寧寺について、もう少し 詳しい情報が欲しい方は、

 

 

 

 

こちら↓のサイト等、尾道のお寺(七仏めぐり)の解説、地図、アクセス、駐車場情報等も出ているので よろしければ ご参照くださいね。

 

 

 

          尾道七仏めぐり(天寧寺)

 

 

💚 天寧寺、三重の塔は、尾道のあちこちから見える、尾道の「顔」ですね。

 

 

 

 遠くから見るだけじゃなく、

 

 

 ふうふう言いながら 天寧寺まで歩いて、この五百羅漢さまに出会えたのも、素晴らしい経験でした。

 

 

 

 

 

 💚 足元に咲く、小さな花にも ありがとう💖

 

 

 

 

💚 さすがに 暑くなって 足もかなり疲れ・・・ 

 

 

Tさんおすすめの☕カフェで ひと休みすることになりました。

 

ワクワク^^  そこまで また坂と石段を登るのですが・・(^^;)   

 

 

 

また次回に! 

 

最後まで ご覧いただき、どうもありがとうございました。( ↓つづく)

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Dolami
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どらみあん Dolami-Blog , 2018 All Rights Reserved.