人生100年時代!不安をやわらげ、心にうるおいを!

初めての尾道・・古くて新しい街を行く・・の巻っ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

  こんにちは、どらみです!         (2018.8.3. 記事の一部を修正いたしました)

 

 

尾道 ふたつのお寺 おさらい!

 

 


💚 前回までに、尾道市の中では東寄りにある 二つの有名なお寺、

  西國寺(さいこくじ)、浄土寺(じょうどじ)のご紹介をしました。

 

西國寺編 

 

 

浄土寺編 

 

 

尾道の街中を 歩きま~す!

 

 

💚 二つのお寺見学の後、まだ午前10時過ぎ。

 

が・・・Tさん、早くも昼食の提案!

 

昼食は、全国的にも有名な、ご当地ラーメン『尾道ラーメン』にしましょう!

 

 

それも 地元で一番人気、老舗で食べましょう!

 


💚 混雑必至な そのお店の開店(11時)前には、お店前にいた方が良いそうなのです。

 

びっくり~@@

 

💚 そこで お寺巡りを一旦中断。



💚 尾道の街の中心部。


かつては西国街道さいごくかいどう(東へ向かえば、京、大阪。

   西へ向かえば 出雲いずもへ)だったという、

 

尾道本通りのあたりを歩くことに・・・。

 

 

💚 街の🅿(有料パーキング)に 車を停めて歩きます。

💚 この建物の並びの向こうは、もう尾道水道(海)だろうなぁ・・

 想像をめぐらせながら、カメラは大きなデジタル一眼から、コンパクトな1インチデジタルカメラに持ち替え、歩きながら、パパッとスナップを・・(^^;)

 

💚↑の写真は かなり古い洋風の建物(銀行だったのかな?)。今は カキなど 尾道料理のお店にヘンシンしているようですね。
💚 広い通りには、古い建物の良さをいかしながらし、レストランやカフェなどに使っているところもたくさん!

💚 一方、昔ながらの 小さなお店もいっぱいあります。

 

ところが、そういう小さいお店の間に 突然 大きな銀行などが どどーん!と建っていたりする。

 

💚 古いものも 新しいものも、大きいもの、小さいもの・・・みーんなあるのです。

 

  それが 不思議と違和感なく 混じり合って 溶け込んでいるんです。

 


ごちゃごちゃしているようで 心地よい。

 

 

 

 

 

昭和レトロが いっぱい!!!!!


 

💚 ↑  ここは、かつて お蔵だったのでは? 


建物を改修して、料理店にしているところも・・^^

 

 

💚 かなーり 昭和!

  昭和の中でも 古いな~! でも なんだか 溶け込んでいません?

 

 

 

💚最初に見ていただいた古い井戸のポンプ(?)

 かなり錆びています。 この錆び加減も レトロ~~^^

 



 

💚 地元友人、Tさんのあとを くっついて歩いているので、正確な地名、通りの名前、うろ覚えです(^^;)

何度か曲がって・・・この通りには、古い民家に混じって、お店、旅館なども。

 

レトロな窓、手すり~!

 


 

 💚 ↑ ここ、西山本館、という 有形登録文化財、有名な老舗旅館だそう。


鞆の浦の方へ行く途中、広大な敷地に「西山別館」というお宿もあり、

某美女キャスターの出身ということもあり、とても人気があると教えていただきました。

 

 

 

💚  尾道市 十四日元町(とよひもとまち)・・・こういう歴史を感じる地名も いいなぁ~💖

 

お昼のラーメン屋さんを確認した後、まだ少し時間があるから・・・

本町大通りのアーケードを歩きます。

 

この1.2㎞というアーケードの両側も、やはり新旧いろいろな建物、お店がいっぱい!

 

 尾道の おもろ~~!^^

 

 

 

 

💚 時間をかけて、女ひとりか 女友達と ゆっくり歩いて、お茶したり、ネコグッズなど 可愛いものを探したりしたいな~!

ガイドブックに載っているところも いろいろ。 今回は入らなかったけれど、次回は是非!

 

やまねこカフェ 

 

カフェでは お食事もできるそうです。
ボリュームのあるパフェなど・・キケンな魅力いっぱいの尾道スィーツも。

 

きゃ~っ!

 

 びん入りの 山猫プリンも、とても話題になっているらしい! 食べてみたい!!

 

 

 

💚 次なる オモろ~~!

 

尾道で 宿泊できるところは少ない。

その中でも 名前からしてユニーク「あなごのねどこ」

うなぎのように 細長い=間口は狭くて奥行のある町屋を改修したお店だそうで、「うなぎ」に似た「あなご」を店名にしたとか。

 

楽しいネーミング^^💖

 

INN (宿屋)っていう 看板が出ていますよね。 

💚 ここは「学校」をテーマにした おもしろい合宿所風の宿泊施設だそうですよ。

確かに入口には 学校の予定表黒板がそのまま 使われていたり・・・

ちょっと中をガラス越しに覗くと、

 

古い木製の机や椅子も 学校で使われていたものを 新しい感覚で使っているようです。

 

写真に写らないように配慮しましたが、

 

ちょうどこの時、英語圏の若い男性二人が、自転車でこの宿の入り口前に さーっと乗りつけました。

 

慣れた雰囲気。

 

ここに宿泊しているのじゃないかな?

 

外国人にも人気のある街、宿ですね。確信!

 

💚あなごのねどこと一緒にある「あくびカフェ」。

 あなごの次は 「あくび」かいな~^^;

💚 学校給食のイメージで、軽食、カフェメニューもいただけるそうですよ。

 

次回は、私も是非 あくびカフェにも 入ってみたいです^^

(写真・・一階 正面から見える部分)

定休日等があるそうなので、やはり事前確認した方がよいようです。

 

💚 ↓ご参考までに、あなごのねどこ、あくびカフェのサイト。

 

「あなごのねどこ・あくびカフェ」



 

 

 

尾道ラーメン、一番人気「朱華園」

 

 

💚 そして・・・いよいよお昼ご飯!!!!!

 

 🍜 尾道ラーメンの老舗、「朱華園(しゅうかえん)」

(この写真だけ カメラがデジイチに戻っています^^;)

 


💚 地元でも、最も人気店で、11時開店前には、お店の前に行列は当たり前・・なのだそうです@@
Tさんの 入念な下見のおかげで、何と、この日、開店時間の11時より 少し前に 入店できました!

夫と私は、一番ポピュラーな「(尾道風)中華そば」を注文。

Tさんは ボリュームありそうな 焼きそばを注文。

   食べ物写真 なくて ごめんなさい! (次回は 撮りますね~ お詫び~m(_ _)m)



💚 開店は11時~。

私達が注文して、食べている間に、みるみる行列がお店の外まで長く伸びていきました。@@

ここの🍜。
麺は中くらいの太さで、平打ち麺を スープがからみやすいように、少しねじねじした感じにしているそうです。

スープは瀬戸内でとれる魚介、豚骨、鳥ガラでとった 濃厚だけれど、あっさり・・の醤油味。

大きなチャーシューも美味しいです^^

 

💚 スープに小さく ぷかぷか浮かんでいるのは何ですか? と尋ねたら・・・

これは豚の背脂だそうな。さすがにカロリー高そうで、私は ほんの少し・・にしておきました。

ご当地ラーメン・・・今は本当にいろいろありますが、その土地のものを使って 丁寧に作られたお料理は、どこでも美味しいな~! 幸せ気分の 尾道ラーメンでした。

 

 

まとめ

 

 

💚 このあと、いよいよ 千光寺ロープウェイで、一気に見晴しのよい 千光寺まで登ります。

最後まで ごらんいただき、どうもありがとうございました。^^

(千光寺公園へ上るぞっ!の巻きに 続く)

 







この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どらみあん 柴垣節子のブログ , 2018 All Rights Reserved.