人生100年時代!不安をやわらげ、心にうるおいを!

はじめまして!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら

 

どらみあんへ ようこそ!

💚はじめまして、どらみ庵の女主人、どらみです。  (2018.7.20.一部修正いたしました)


実は、私の専門は「音楽」ということになっています。^^;(→音大を出たから? はずみ!で 1年間、給費生で音楽留学したから?)

💚でもね・・留学から帰ってきて、音楽教える仕事をしながら、英会話講師の仕事もしていました。
結婚前、子どもが生まれる前は 大手英会話学校の英会話講師と都内の私立小学校で🎻を教える講師仕事。
二人目が生まれて、しばらくは、室内合奏団所属だけで、主婦業メインの時期もありました。
子ども達が小学校高学年になる頃、ママ友に紹介され、地元ヨコハマ北部の地区センターや高齢者福祉センターなどで、シニア英会話の講師仕事を始めたら・・・シニア生徒さんの「営業」もよかったのですが、おかげさまで、いつも満席、空き待ちができるほど、口コミで 生徒さんが絶えることなく来てくださる講座になりました。

💚音楽と英語に共通する「音、リズム」そして発音、イントネーション。
留学中に日本人ひとりだった環境にいたためか? 授業も寮生活中も、常に英語で考え 聴き、話していたので、最初は失敗の嵐でしたが(^^;), 帰国しても最初の仕事は、某学会サービス会社の「翻訳部」(内容は英語も使うけど 何でも屋でしたが^^;)
「音楽」と「英会話」は、実母と義母の同時多発介護!? で、やむなく介護離職するまで、計17年以上、私の仕事の軸で あり続けました。

(どらみ の もっと詳しいプロフィールを見てみる)

 

💚 この「どらみあん=どらみ庵」には、そのふたつの仕事以外の、
私自身が実際に経験してきた さまざまなことをアップしていきます。

私には欠かせない、心のビタミン「旅」のこと。まだまだ勉強中「写真」のこと。
日々の暮らしを楽しく 心豊かにするアイディア。

💚この年齢になり、初めて見える心の景色。
人生という長い旅の道すがら、自分で経験して ようやくわかったこと。知ったこと。
私自身で撮影した写真とともに、綴っていきます。
訪問してくださった皆さまに、ほっと和んでいただきながら、お役に立てるサイトに育ったら幸せです。

 

📷 写真は、秋深くなってから作り、まだ咲いてくれている、ちょっと渋めのイエロー系 アレンジメント。

* この写真寄せ植えの材料 *

 

1.ガイラルディア(ガリア)- メインの 丸い花。
キク科 テンニンギク属 多年草

陽当たり、水はけのよいところを好む。暑さ、寒さに強い!

2.カレックス(carex) ブロンズカールス → 写真左側の枯草色の細い葉もの。

カヤツリグサ科  日向~半日蔭で育つ。 繊細なイメージと、ニュアンスのある色。アレンジメントの動きを出す、色バランスをとるために入れてみた植物。葉は、ごく細いドライにもなるので、リースなどの仕上げに ちょっと添えるのも良い。

3.ユーフォルビア・ダイアモンドダスト → 写真右手の白い小花。
トウダイグサ科 トウダイグサ(ユーフォルビア)属

初夏から霜の降りる頃まで、花期が長く、ごく小さな白い花をたくさんつける。日当たり、水はけのよい場所を好むが、寄せ植えにも かすみ草のような柔らかな印象をプラスするのに 好適な花材。
真夏の暑さで 根が蒸れないように、ある程度 風通しよく管理する。霜が降りることには、緑の葉が 黄色を帯びてくるが、かなりの寒さに耐えられる。戸外では 一年草扱い。

4.テイカカズラ オウゴンニシキ(イエロー系)
キョウチクトウ科 テイカカズラの園芸種

テイカカズラの園芸種は 緑~赤桃色~白 のミックス色が多く出回っているが、この黄色~橙~緑系の品種、オウゴンニシキもあり、今回、同系色でまとめたかったので、初めて使ってみた。
寄せ植えでは、つる性を活かし、手前や横に垂らすように配置すると 鉢の縁を適度に隠しながら、動きも出せる。 水はけのよい もう少し広い場所に植えると、自由に伸びて広がり、大株に育つ。肥料は あまり必要ない。

 

この寄せ植え作りのポイント

 

💚 今回作った寄せ植えは、直径30㎝くらいの ボウル型 テラコッタ(素焼き)鉢に、最初からブレンドされた培養土を使いました。

水やりは 土の表面が乾いたら、鉢底から流れるまで たっぷり。

あまり多湿になると 根腐れを起こすので、様子をみながら。

ガリア(丸い花)は、次々とつぼみをつけるので、咲き終わった花は、花ばさみで切り取り、1か月に一度くらい、ハイポネックスのような液肥を適度に薄めたものか、マグアンプKのような、小さな粒状の 緩効性(ゆっくり効き目が出てくる)肥料を 株元に パラパラとまいて水やり程度で大丈夫。

真夏の鮮やかな黄色と違う、ちょっと大人っぽいイエロー系 アレンジ。意外と丈夫でお気に入り。^^

これからも どうぞよろしくお願いいたします!

💚 このサイト、まだ 大まかな設定だけでスタートしますが、少しずつ勉強しながら進めていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 どらみ🎵







この記事を書いている人 - WRITER -
Setsuko Shibagaki
ようこそ!「どらみあん」の家主、どらみです。 写真、小さな旅、心にひびく言葉・・美しいものが大好きな音楽家です。 ♪ 41歳、突然の心筋梗塞であわや!の危機。 大病して以来、毎朝、命あることに感謝。一日を大切に、心こめて全力で生きる!がモットーになりました。年齢を重ね、いろいろ乗り越えて、人生経験値は かなり高くなりました。 老後の不安なんて吹き飛ばして笑顔で生きたい。年齢や持病をいいわけにせず、新しいことにもチャレンジしています。 このサイトが、ほっと安心できる、皆さんの心のオアシスになれば・・この上なく幸せです。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© どらみあん 柴垣節子のブログ , 2016 All Rights Reserved.